カラカラ工房






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


最近 :: 2010/09/25(Sat)

観た映画、読んだものの感想など適当に置いておきます。
夏はずっと原稿を描いていてどこにも行かなかったので
今がつがつと映画などを観始めてます。

花火大会とか行けたリア充うらやましいな・・・。


小説
天国はまだ遠く 瀬尾まいこ
仕事で精神的に疲れて自殺を考えた20代女性の話。
山深い里にきて自殺を図るものの・・・。

とても読みやすく程よい説明文が心地いいです。
作者の方の人の良さが感じられます。
自然に触れる事で何が変わるのか何が変わらないのか。
民宿の田村さんがおおらかで健やかな方でとても魅力的に書かれています。

毎日吐き気と戦っている20代女性に勧めたい本です。
この主人公は吐いてばっかりです。
いや、いい意味で(?)


邦画
ぐるりのこと。 橋口亮輔
何事もきちんと真面目にしなくては気がすまない妻と
ふらふらと頼りない法廷画家の旦那との日常の物語。

まず冒頭から会話の上手さが際立ってます。
あるある!レベルではなく、このやりとり実際した事ある・・・レベルです。
そしてまわりにいる家族、親戚、友人、上司、とにかくリアルです。
個人的に妻にシンクロ率200%くらいなので観ていると辛い・・・。
色々と自分の状況と被りすぎていて冷静に観きれないです。

人の中のどろどろしたもの、考えたくないもの、聞きたくないもの、見たくないもの
法廷画家として夫が見ているのはまさに人間そのもの。

病んでいく妻と静かに寄り添う夫。
その痛みを理解する事は出来ないけれど一緒にいることはできる。
個人的には5年以上結婚生活を続けた男女向けの映画だと思います。
人によってはただの退屈な映画となり得るので人を選ぶかと。
  1. 雑記
  2. | comment:0
<< | top | へたれ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。