カラカラ工房






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


マッドハウスリアルツアーとデス・ビリヤードの感想 :: 2013/02/20(Wed)

そんなわけで行ってきました~マッドハウス本社!
前回の講演会に引き続き、取締役社長の岡田さんが自ら案内して下さいました。
(なんて贅沢な・・・)

前回のマッドハウス講演会



前々から公言してる通り、私はマッドハウス作品のただのいちファンなので、
こうして中の様子などを見させて頂けたのは非常に光栄です。

まずはアニメがどういう風な工程を経ているのか説明して頂き、それから現場へ。
質問も受け付けて下さっていてとても親切です。
実は色々聞きたかったんですが、チキンで聞けなくて後悔しているので
これからのツアー参加者は事前に質問を考えておくと良いかもしれません。


現場では皆さんハンター×ハンター描いていらっしゃいましたーおおお。
アナログですよ~鉛筆でごりごり描いてました。
ちはやは納品の次の日だったらしく、そちらのスタッフさん達はいませんでした。

マッドハウスはアナログの線を大事にしているので、動画作業までが全てアナログです。
(作品によって例外はあるでしょうが)
動画作業以降はデジタルです。
そういう所が大好きですよー!!(アナログ信者)

デスビリヤードチームの所には参考用にビリヤード用の球が置いてありました。
ここであの素晴らしいアクションシーンが描かれていたのかと思うとドキドキします。

絵コンテも置いてあるものどれでも読んでいいとの事でしたので読ませてもらいました。
ラフなのに絵がむちゃくちゃ上手ーーーい!!!(そして分厚い)
放送前のものでしたし、良いものを見せてもらいました~。

スタッフさん達がお仕事中にお邪魔してしまい申し訳ありませんでした。


その後懇親会があって後ろで流すア二メのリクエストを受け付けてくれましたので
私が「REDLINE」をリクエストしました。
このア二メ身内人気が高くてずっと観たかったんですよー。
たしかにとんでもない作画でした・・・全然止まらない・・・怖い・・・(作画枚数が)
あとで借りてきてちゃんと観よう。


デス・ビリヤードも特別に見せて頂きました。
ア二メミライという企画のものですので、新人さんを必ず数人起用するという
縛りがある中でのアニメです。

公開前ですので感想は畳んでおきます。
(書いていいと許可は頂いています)
ただこれだけは先に言っておきます。
マッドハウス作品が好きなら観て損なしの良作です!



まず冒頭から引き込まれる雰囲気がとても良いです。
全体的にシナリオもほの暗い感じが大変好みでした。
テーマも非常に良い。
マッドハウスの真骨頂であるアクションも健在で素晴らしい。

ラストは視聴者に考えさせる為、どちらなのか分からない様になっているのが良い。
ですが少しヒントとなるものが少なすぎる気がしました。
臓器の配置は残念ながら意図がちょっと読み取れませんでした。

あれは天国か地獄ではなく、生き返るか死んだままかという物語ではないかと思いました。
伸びてきたピアノ線のようなものが蜘蛛の糸のオマージュなのだと思います。


大変面白かったです!
やっぱりマッドハウスのアクションは見ていて気持ち良いなぁと感動しました。
マッドハウスのオリジナルアニメがこれから出てくるのであれば
是非映画館で観たいです!


ツアーとても興味深くて楽しかったです。
スタッフの皆様どうも有難うございました!!
  1. 雑記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。