カラカラ工房






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


本の感想です :: 2010/02/17(Wed)

コミティア91で購入した本、頂いた本の感想です。
ネタバレありなので注意して下さい。

ソルトキャンディ   twinbornpromise
人魚姫をベースにした恋物語かと思いきや、双子(兄弟)の人魚の物語でした。
片方の少年はもう片方の少年が一番大切で、
でももう片方の少年は人間の少女が一番大切という
どうあがいても切ない展開は避けられないです。
個人的に切ない話が大好きなので、このお話も好きです。 
どういう魔法なのか少し分かりにくく、少女の記憶のことはどうなっているのか?
まわりの人間にも魔法がかけられている?
あまり説明されていないのがひっかかりますが充分楽しめました。
切ない雰囲気が好きな方にオススメです。

純喫茶あまめ   bokunoneko
まず装丁がめちゃくちゃ可愛いです。
これ本当にコピー本なのでしょうか!?
泣き虫ねこの泣き顔がとんでもなく可愛いです。
このねこの為なら自分何でもするよ!!
食いしん坊で泣き虫でおバカなねこ・・・飼いたいです・・・。

純喫茶あまめ    ユニコーンの花嫁準備号
冒頭のみの配布なのですが、見事に成功しています。
続きが気になるので完成品が出たら買いに行きます!
公務員でへたれ(とみせかけて実は強い?)のトゥナンが好きです。
こういう正統派ファンタジーの世界観は入り込むのがなかなか難しいのですが、
すんなり入れたのは作者さんの力量のなせるわざですね。
挟んでもらった新聞風ペーパーも面白いです。

Rhinogy   サイまんが吻
多色刷りで表紙も中身も非常にカラフルです。
特にサイには蛍光色を使ってあり、目立ちます。
今までサイに興味は無くこれを読むまでどういう動物だっけ?
という薄い印象だったのですが、読んでみて思いました。
サイってこんなに可愛い生き物だったんですね!
台詞まわしが上手で気持ちいいテンポでした。
しかも笑えます。
お気に入りはお母さんを呼ぶ子供のクチビル(笑)
可愛くて、笑えて、サイのことがちょっと分かるお得な本でした。

Rhinogy   鼻学
これも上と同じサークルさんのサイエッセイ漫画です。
とても読みやすく分かりやすいです。
猫や犬のエッセイ漫画は雑誌でよくありますが、
こういう希少な動物についてのエッセイ漫画というのもあればいいのにと思いました。
短いページで笑わせてもらえるのは素晴らしいです。

PoKe   タンペンコスモス
短編集なので、気になったものだけ感想を書きます。
セカイ会議
少年たちのくだらない話し合いが良いです。
真理にたどり着いた少年たちが楽しそうで何よりです。
個人的にはSFよりこういうゆるい日常漫画の方が好きです。
主人公病
設定が面白いです。
ラストの締め方がとても上手。
もっとページ多めで読みたかったです・・・。

絵はとても可愛らしくとっつきやすいです。
セーラー服に並々ならぬこだわりを感じるので、
セーラー服が好きな人にはたまらないでしょう。

読解アヘン   腹に弾丸
不用品に弾丸の方が好きです。
イジメはいつになっても無くならない問題です。
人と違う他人を見るとすぐ苛めに走る人は弱いですね。
立ち向かって歪まない人のが強いんです。
この二人なら歪まないで生きていけるかもしれない。
頑張ってる人は応援したくなります。
頑張りすぎないで、と。

かなめみお   めいどのみやげ1・2・3   
メイドリアンチョップ
雨音さんは男だけど誰よりメイド服が似合ってて良いなぁ!(笑)
まかちゃんも素直で可愛いおバカな子で見ていて和みます。
画力も高く安心して読めます。
短いページ数でサービスシーンが毎回あるって凄い事です!
メイドール
人形師のお話で、優しいタッチで優しい人たちの小さなすれ違いが描かれています。
嫌なキャラを描くのは簡単ですが、優しいキャラは優しい人にしか描けないので
作者さんの人柄がすごく出ていると思いました。
個人的にお父さんが良いキャラしてて好きです(不憫な感じで)

かなめみお   みおの実11
妖怪漫画が個人的に大好物なのですごく楽しめました。
錆ってなんて良い妖怪なんだ・・・(涙)
こんな可愛い鬼がいたら人間の男なんてもうどうでもよくなっちゃいますよ!(笑)
みおの実シリーズを集めたくなってしまいます。

航海王子   大きな卵の話
猫耳にこだわりを感じるサークルさんです。
少年、猫耳、兄弟、ここらへんが好きな人は買って損なしです。
内気なハナと強気なスズが大きな卵を食べるかどうかでケンカになってしまいます。
健気に卵を守ろうとするハナにきゅんきゅんします。
絵がむちゃくちゃ可愛く読みやすいので、お気に入りサークルさんです。

航海王子   猫とメガネと魚たち。
魚を取って来るように頼まれた黒猫少年のロビと白猫少年のルキ。
普通に川に行くのかと思いきや、空にふよふよ魚が浮いているのが面白い。
その魚たちを管理(?)しているメガネのお兄さんが出てきてどたばたな感じです。
このメガネのお兄さんが良いキャラしています。
そして最後のコマが・・・衝撃です!!!

ぱうひろ電卓   糞忌々しい充足感
ティアマガ紹介で気になったので購入しました。
短編集なので個別感想です。
39
自立して文学的な生活をおくるはずだったのに、現実はバイト生活。
彼女のまわりの上司や大人たちが彼女に対して厳しく、
読むたび同調して苦しくなります。
もっと世の中が彼女に優しかったのなら、
あんなラストにはならなかったのでしょうね。
こういう鬱々とした話好きです。
オデット
親に手切れ金を渡されてお金も何も無い少年が白鳥に恋をするお話。
あらすじ書いて思いましたが、なんというぶっ飛んだ話なんでしょう。
この少年薄幸すぎます。
わりばしを吸わないでぇぇぇ!!!(泣)
ラストもまたとんでもない感じです。
ニートさん
これが読みたくてたまりませんでした。
老後までニートでいたらどうなるか、というお話。
初見ではラストに納得がいかなかったのですが、二回目読んでみたらあれは
ハッピーエンドなのだと気付き、少し楽になりました。
こういう話が描ける作者さんは本当に貴重ですね。
守りぬくクズ
エロ本を守るため、いつもイジメられている奴らに立ち向かっていく少年。
ハッキリ言ってカッコイイ話です。
泣き顔がボロボロのぐしゃぐしゃで素晴らしい。
綺麗な絵を描ける人はいっぱいいますが、こういう絵が描ける人は本当に少ないです。
読後感が良い作品でした。

全体的に綺麗じゃないけど皆何かしら共感できるお話です。
日常は優しくないけどなんとか生きてる、という話が好きな人にはオススメです。
もちろん私も全部好きでした。

Lumiere   浅い眠りいつか失う朝
こちらは小説です。
自由人とみせかけて実は真面目なリョースケとわがままで情緒不安定なカオルの恋愛物語。
「出来る限り永遠に愛する」この台詞は誠実そのものでしょう。
「一生君だけを愛する」なんて言葉よりずっとずっと誠実で健全で真面目です。
カオルの独占欲や依存心は共感するところが大きく
見ていて苦しいと共にいとおしくなります。
独占欲や依存心が無い人なんていません。
自分には無いと思ってる人がいたらそれは自覚していないだけかと思われます。
あとがきの三重苦小説はまさにこの作家さんらしいです。

Lumiere   夜明けのショコラ
こちらも同じサークルさんの小説です。
全体の半分のみの配布のようです。
へたれな青年美月が恋をして頑張るお話で、見ていて応援したくなる事必須です。
生き苦しいというフレーズが心に響きます。
この話は個人的にめちゃくちゃ好みなのでできれば本編全部を本で読みたい。
ものすごく気になるところでウェブ公開になっていますので
Lumiere様のブログに急ぎましょう!
美月と黒猫夜の関係がすごく好きです。
もっとこの二人を見ていたいので続編など書いて欲しいです。
(言うだけはタダなので言ってみました)


感想は以上になります。(順不同)
作家さんが全員違う方向を向いていてこれぞ同人誌即売会だよなぁと
とても楽しませていただきました。
どの作品もクオリティが高く、自分自身にもものすごく良い刺激になりました。
購入もしくは好意で頂いた本は大事に読ませていただきます。
作者の方々、本当にお疲れ様でした。
ありがとうございました。
  1. 雑記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<花色な人形たち漫画 | top | お疲れ様でした~>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://karakarakoubou.blog93.fc2.com/tb.php/28-edadb576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。